特許

特許番号 422505

申請日時: 1946年11月28日 11:00時
発明の名称: 横型食品ショートパスタ乾燥機

本発明は食品用ショートパスタの横型乾燥機であり、連続式乾燥の工程とその製品を明確に二分された交互に行われる工程、パスタの水分を抜く工程と休ませる工程を行う。

特許番号 422393

申請日時: 1946年11月28日 11:00時
発明の名称: 食品用ショートパスタの回転式連続除水機

本特許の目的は、回転式食品用ショートパスタの連続除水機である。

Brevetto reg.36 n°123

特許規則第36号 123番

申請日時: 1949年11月14日 13時50分
ペッレグリーノ・ロンバルディ
発明の名称: 段階的に変化を繰り返す環境に置き、連続して水分の含有量を低下させる工程を行い実現し、特に食料製品全般と植物産業製品の乾燥に適する。

この発明は乾燥する食品又は植物を、あらかじめ設定した連続サイクルに従って、段階的な変化を繰り返す環境に置くことにある。例えばショートおよびロングの食用パスタのような食料製品については特に、水分を低下させる工程や休ませる工程では、同製品の特性により、あらかじめ設定した一定のサイクルに従って、段階的な変化を繰り返す必要がある。

特許番号 666431

申請日時: 1960年09月28日 11時30分
発明の名称: 食品用ショートパスタに特に適した除水機、サポートスクリューと下方スクリューで、空調エアーの吹き込む環境で製品を公転させる。

本発明の目的は、除水の工程に適する機械であり、特に食品用ショートパスタに有用であり、空調エアーの吹き込む環境で加工する製品に公転の動きを加えながら前進させる。冷風又は温風の空調エアーの送風は、機械の前進方向に対する正方向に、直接製品のあらゆる箇所に到達し、求める設定された成果を得るために役立つ。

Comments are closed.

footcol1
footcol2